現在、薄毛に悩む人は日本人のおよそ5人に1人と言われています。

 

抜け毛・薄毛と頭皮の乾燥・カユミは関係ある?

 

この悩みは男性だけのものと考えられていた一昔前とは違い、女性にも薄毛の悩みは広がっており、男性のみの悩みではなくなってきました。
ここからは、薄毛が進行するメカニズムや原因について話してゆきます。

 

薄毛の原因と進行のメカニズム

薄毛の原因は人それぞれ違い、大きく分けて遺伝的要素、生活習慣、ホルモンバランスや代謝との関係と3つに分かれるでしょう。
生活習慣は、食生活をはじめとして髪に悪影響を与える要因があり、それを取り除くことで改善できる可能性があります。
とくに、近年、食の欧米化により、動物性脂肪を多くとる日本人が多くなると、皮脂の分泌が多くなり、過剰生産された皮脂が毛穴を塞ぐことで、髪の成長が妨げられ徐々に髪が薄くなります。

 

ホルモンバランスは、中高年期に代謝が衰えることで、発毛因子となる栄養素などが乏しくなり、ヘアサイクルが短くなることで髪が薄くなります。
遺伝的要素は、最も高い確率で薄毛を進行させ、DNAの受け継ぎにより、早く言えば親に似てしまうということです。
いずれにしても、これらの原因がヘアサイクルを短くし、生え変わる髪を細く弱くすることで進行するというメカニズムとなります。

薄毛の進行を止めるには?

髪の成長を助けるには、薄毛の進行を止めることが先決で、成長途中の髪が抜け落ちることを防ぐことが重要となります。
髪が抜けることは生え変わりのシグナルで、抜けた髪は新生毛に押し出される形でヘアサイクルを成り立たせています。
髪に十分な栄養を与え、太くしっかりとした髪になるようにケアが大切となります。

 

質の良いシャンプーを使用し、軽く揉むようにして頭皮の汚れを落とします。
洗浄力の強いシャンプーは、その後の乾燥と、皮脂の過剰分泌を進め、その結果として炎症や乾燥によるかゆみを引き起こします。
洗髪により頭皮環境が悪くなり、髪が薄くなることがあります。
正しい洗髪方法とその後のケアで頭皮環境を整えて、ヘアサイクルの正常化を行うことが改善への第一歩となります。