似合う髪型を見つける

 

M字型ハゲ・O字型ハゲでも髪型次第でかっこよく!

 

不規則な生活、食生活の乱れ及び加齢による男性ホルモンの増加など、原因は様々ですが薄毛に悩む人は大勢います。

 

女性なら部分ウィッグ(人工毛の付け毛)などを使用したり、パーマを掛けたりしてボリュームを持たせるなどの対策が出来ますが、男性の場合このような手法では解決しないケースが往々にしてあります。

 

薄毛と一口に言っても、頭頂部から薄くなったり耳の後部から薄くなる、全体的に脱毛したりと人によってタイプは千差万別です。一般的に多くみられるM字型、O字型と呼ばれる薄毛ではどのような髪型が最善でしょう。

 

長く伸びる髪の一部でカバーすると老けて見えます。お勧めは薄くなった箇所をひたすら隠すのではなく、格好良くカットする事です。

 

意外に感じる人も多いのですが、短髪の方が薄毛をカバーし易いものです。長髪だとその分薄い部分が目立ち、逆にハゲを強調する事になるからです。カラーリングしても問題ない職場の人は暗めの茶系に全体をカラーリングすると、黒い髪より輪郭がぼやけて、ハゲ部分が分かり難くなります。また、カラーリングが不可能な職場の人は白髪を上手に利用して、短髪にカットすると全体的に凛々しくまとまり、紳士的な雰囲気をまとう事が出来ます。

 

髪型だけでなく、フケや臭いにも気を遣うとより効果的です。人は見た目と同様雰囲気や臭いからも判断します。

 

強烈なオーディコロンや加齢臭を漂わせるのではなく、ほのかに香る石鹸の香りが最も好まれます。毎日シャンプーを行い地肌を清潔に保ち、肌着やワイシャツもクリーニングしてアイロンの掛かった物を着用します。不必要に整髪剤を利用するとナチュラル感がなくなり、薄毛も目立ちますし、髪や地肌にも悪影響を与えます。

 

生活環境を見直し、日々のケアを怠らない事で薄毛をカバーする事が出来るという事です。その中には髪型を意識する事も含まれます。普段とは違う理髪店でカットしてもらうのも良いでしょう。貴方が思っている程貴方の薄毛を気にしている人はいないかも知れません。