抜け毛の意外な原因

 

抜け毛と冷え性・首こり・肩こりの意外な関係

 

首がこってきたり肩こりが酷くなるのは、体質による問題もありますが、典型的な運動不足によるものです。長時間のデスクワークなど姿勢を維持しすぎると筋肉が固まりやすく、血管が圧迫されて血液の循環が不十分で肩こりなどが酷くなります。同様に血液が毛細血管にまで届かなくなることで、手足が冷えるといった冷え性になることも少なくありません。

 

自律神経が乱れたりストレスによっても血管が収縮するので、原因のひとつにもなりますが、どちらにしても血液の循環が良くならないとこれらを解決することは不可能と言えます。また、頭髪は血液に乗って送られてくる栄養や酸素を取り込むことで細胞が活性化し、細胞分裂を繰り返して毛髪を成長させますが、血液の循環が上手くいかず、栄養が届かないと細胞が弱ってしまい、髪の毛が十分に成長できなくなります。

 

この状態が長期間続くと、毛根は髪の毛を成長させる必要がないと判断し、抜け毛が酷くなるばかりか、毛髪の生え代わりすら行わなくなるので、結果的に薄毛の状態になってしまいます。頭皮に流れる血液は肩や首を経由して送られるので、肩こりや首こりが酷いと血液が十分に送られていないということが分かります。長期的に血行不良となっている人は、頭皮が硬くなりやすく、指で頭皮を動かしても前後左右にまったく動かず、固定されたような状態になります。

 

ここまで酷くなると抜け毛がいつ起こってもおかしくない状態なので、肩こりや首こりを放置せず、ストレッチや運動を行って症状を改善させる必要があります。問題は肩や首だけでなく、全身の血行を良くする必要があるので、全身運動を行うことをおすすめします。同時に頭皮をマッサージしないと血液は十分に流れないので、お風呂に入ったら湯船に浸かって体を芯から温め、一緒に頭皮をマッサージするようにしましょう。

 

血液が十分に行き渡れば頭皮も柔らかくなってくるので、最初のうちは動かなかったものも前後左右に動くようになってくるので、それを目安に運動すると良いでしょう。